雪肌ドロップとビタミンC誘導体でシミは消えるのか!?

元々日焼けをしやすい肌質です。

 

 

幼い頃は他の人と数時間野外で過ごした後に肌を見比べてみると、自分だけかなり濃い色に変わっていました。

 

 

ですから、紫外線対策は早いうちから興味を持っていましたが、以前受けた紫外線の影響なのか細かなシミが顔の色々な部分に出てしまっていました

 
美白対策を本格的に行おうということで導入したのがビタミンC誘導体の化粧品です。

 

 

ビタミンCはサプリメントで服用していましたが、化粧品で外側からも同時に補った方が効果が高くなるのではないかと感じて導入しました。

 

 
実際につけた感覚は、ビタミンCとはいっても刺激はなく、一般的な化粧品と変わりはありません。

 

 

ただし、肌中のメラニン色素を排出したり、新たなメラニン色素を生成しないようにしてくれる成分ですので、細胞レベルでは変化が起こっているようです。

 

 
1カ月続けてみたところ、比較的薄いシミがかなり目立たなくなっていました。

 

 

加えて雪肌ドロップも使用し始めました。

 

 

ただし、一番目立つシミはあまり変化がなく、顔全体のトーンもそれほど変わったように感じませんでした。

 

かなり変化が出ていると感じることができたのは、使用し始めてから3ヶ月が経過した頃です。

 

 

ちょうど写真を撮る機会があったので、以前の写真と比較してみました。

 

 

同じ条件のもとで撮った写真ですので肌の状態の変化が良く分かるものでしたが、肌全体のトーンがかなり明るくなって透明感が出ていることに気付きました。

 

 
濃いシミが目立たなくなったのは、ビタミンC誘導体でケアを始めてから半年後です。

 

 

ビタミンC誘導体はメラニン色素が生成されてもすぐに体の外に排出してくれますので日焼けを予防することができましたし、既に現れているシミにも効果的でした。

 

 
化粧品以外では、濃い色の日傘を使い始めました。

 

 

目から入る紫外線も日焼けの原因になると言われていますので、濃い色でなるべくすっぽりと覆うようにしました。

 

 

これらの対策で、今ではかなり透明感のある肌を持続できています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA