紫外線を雪肌ドロップで予防することが美白への近道!?

日焼け止めを使用して、シミを予防することは美白への一番の近道です。

 

 

私は父の遺伝で非常に色素が薄く、髪や目の色だけでなく体全体がピンク系の白い色をしています。

 

 

子供の頃は日焼けをするのが普通の夏休みだったため、なかなか日焼けができず、悲しい思いをしました。

 

 

中学校、高校と進んでも、世の中は小麦色の肌がもてはやされ、また、ある程度焼けている方が痩せて見えると思春期のぷっくりした私は悩んだものでした。

 

 

ですが、無理に日焼けをしようとした結果、紫外線アレルギーの蕁麻疹を発症したこともあり、日焼けはきっぱりあきらめ、白いならそれを保とうと切り替えたのが20代でした。

 

昨今、紫外線による肌へのダメージが叫ばれるようになり、美白美白の世の中になったため、子供の頃焼かなかったというか焼けなかったことがかえって良かったんだという結果になり、ファンデーションを使わなくてもいられる今の肌に感謝をしています。

 

 

一年中室内でも日焼け止めを使用し、シミを予防し、ビタミンCを毎日摂るようにしています

 

 

最近では雪肌ドロップの使用もはじめました。

 

 

私はほくろが多い顔をしています。

 

 

体にもほくろはありますが、どれも子供の頃からあるものでした。

 

30代になった頃、左足の親指の先にほくろができどんどん大きくなってきてしまい、なるべく日焼け止めを塗ったり日光にさらさないようにしていたのですが、どうにも不安になり、皮膚科を受診しました。

 

 

オーストラリア人の友人が強い紫外線に当たることが多いから皮膚がんが多いんだと言っていたことを覚えていて、自分は日本人ですが色の白さは自覚していからです。

 

 

結果、ただのほくろだとわかりましたが、気になるなら取りましょうということで手術で取ってもらいました。

 

 

私の場合はそうゆうものでしたが、紫外線に反応して悪化するメラノーマというガンがありますので特に足などにほくろが出来て大きくなっていくようなら皮膚科を受診したほうが良いと思います。

 

 

なんでもなければ安心ですので、お薦めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA