アーカイブ

雪肌ドロップとビタミンC誘導体でシミは消えるのか!?

元々日焼けをしやすい肌質です。

 

 

幼い頃は他の人と数時間野外で過ごした後に肌を見比べてみると、自分だけかなり濃い色に変わっていました。

 

 

ですから、紫外線対策は早いうちから興味を持っていましたが、以前受けた紫外線の影響なのか細かなシミが顔の色々な部分に出てしまっていました

 
美白対策を本格的に行おうということで導入したのがビタミンC誘導体の化粧品です。

 

 

ビタミンCはサプリメントで服用していましたが、化粧品で外側からも同時に補った方が効果が高くなるのではないかと感じて導入しました。

 

 
実際につけた感覚は、ビタミンCとはいっても刺激はなく、一般的な化粧品と変わりはありません。

 

 

ただし、肌中のメラニン色素を排出したり、新たなメラニン色素を生成しないようにしてくれる成分ですので、細胞レベルでは変化が起こっているようです。

 

 
1カ月続けてみたところ、比較的薄いシミがかなり目立たなくなっていました。

 

 

加えて雪肌ドロップも使用し始めました。

 

 

ただし、一番目立つシミはあまり変化がなく、顔全体のトーンもそれほど変わったように感じませんでした。

 

かなり変化が出ていると感じることができたのは、使用し始めてから3ヶ月が経過した頃です。

 

 

ちょうど写真を撮る機会があったので、以前の写真と比較してみました。

 

 

同じ条件のもとで撮った写真ですので肌の状態の変化が良く分かるものでしたが、肌全体のトーンがかなり明るくなって透明感が出ていることに気付きました。

 

 
濃いシミが目立たなくなったのは、ビタミンC誘導体でケアを始めてから半年後です。

 

 

ビタミンC誘導体はメラニン色素が生成されてもすぐに体の外に排出してくれますので日焼けを予防することができましたし、既に現れているシミにも効果的でした。

 

 
化粧品以外では、濃い色の日傘を使い始めました。

 

 

目から入る紫外線も日焼けの原因になると言われていますので、濃い色でなるべくすっぽりと覆うようにしました。

 

 

これらの対策で、今ではかなり透明感のある肌を持続できています。

色々なスキンケアをしてきて雪肌ドロップの効果は?

私は30代半ばなのですが、幼稚園児がいて、子供の園帰りにお友達と公園が日課になっています。

 

既にその流れができてしまっているので、真夏の暑い日でも冬の寒空でも雨が降らない限り毎日園後は近くの公園で1~2時間過ごさなければいけません


公園には日よけになる場所がないのでママたちも日にあたり放題で、特に春~夏にかけてはお肌が痛くなるほど紫外線を浴びてしまう日もあります。
もう年齢も若くないし、そのまま放っておくと大変なことになるので、美白ケアだけはしっかりと行うようにしています。
私が気をつけている紫外線ケアは、まず予防の点で当たり前ですがしっかり日焼け止めを塗ります

 

朝塗るだけではなく、お迎えに行く直前にもう一度塗ります。
それでも日焼けをしてしまうのですが、紫外線で肌がピリピリとして来たらほてりを静めるために肌を冷やします。

 

だからサポートとして雪肌ドロップを愛用しています。

 

夏場は子供の熱中症対策などでも使うアイスノンのような冷却材を持ち歩いていて、他のママさんがいても顔にあててしまいます。
日焼けで赤くなっているのはメラニンが活性化している状態だということなので、それを鎮めるためにもほてりを落ち着かせるのは有効だといいます。

 

 

そして毎日の基礎化粧、特に保湿はしっかりと行うようにしています。
私は元々あまり肌が強くないこともあり、無添加の肌に優しいタイプの化粧品を使っているのですが、

 

肌が普通に丈夫な人でもたっぷりと紫外線を浴びた肌は敏感な状態になっているので、

 

できるだけ低刺激な化粧品を使わないと余計にバリア機能を壊して乾燥肌を助長させてしまうそうです。
セラミドなどの保湿成分が配合されている化粧品や、ビタミンC誘導体といった美白作用の高い成分配合の美白化粧品も有効なので

 

保湿と美白、そして低刺激を意識して化粧品選び、毎日コットンパックをするようにしています。

 

自画自賛になりますが、年齢の割にはシミは少なく、お肌も健康的な状態が保てていると思います。

 

色々なケアをしていますが、雪肌ドロップの効果を一番感じています。

 

紫外線を浴びざるを得ない生活習慣なので、ケアはかなり丁寧にしているのが良かったのかなと思っています。